いろいろな原因で低血圧は引き起こされます

健康生活クラブ

症状と種類を知っておく

血液を全身に送る力が弱いと低血圧になる

人間は心臓から手足や脳などの隅々まで血液を循環させるのですが、循環させる力が弱いと隅々まで送ることができません。血液が送られないと手足が冷たくなったり、フラフラして体がだるくなったりする症状が現れます。

自律神経の乱れでも症状が現れる

ストレスをためてしまうと自律神経が乱れてしまい、血管の幅を上手に変えることができなくなります。自律神経というのは自分で意識しないでも勝手に働いてくれる神経のことを言います。自分で意識して変えられるような神経ではないので、普段からストレスを感じにくくしておくと良いでしょう。

暑さと寒さを交互に感じる環境にいると発症する

夏場は気温が高くなるので血管の拡がりも大きくなります。また、夏場は空調の効いた部屋に入ったりすることで、暑さと寒さを交互に感じてしまい、自律神経が乱れる原因となってしまいます。寒さを感じないためにも過度な薄着はしないようにしましょう。

低血圧になると他の症状も悪化してしまう

冷え性の人が低血圧になってしまうと、更に症状が悪化してしまい改善が難しくなってしまいます。他にも内臓の調子も悪くなってしまうでしょう。対策としては内蔵を温めたりして一時的に症状を改善する方法があります。

女の人

低血圧が原因で発症する病気とはなにか

人にもよりますが低血圧をそのまま放っておくと、違う病気になってしまう可能性があります。どのような病気になるのか事前に把握しておき、対策をしておくことが大切になります。まずは病気にならないように小さな症状を改善しましょう。

READ MORE
ファミリー

日々の生活を見直して症状を改善する方法

特別な方法を使用しなくても毎日の生活を改善することで、自然と低血圧が良くなっていくようです。改善できる方法は複数あるので、自分に合っている方法を試してみると良いでしょう。挫折しない程度に始めてみるといいです。

READ MORE
考える人

必要な栄養を摂取したいならサプリがおすすめ

健康的な食生活を心がけようと思っても、すぐに改善するのはなかなか難しいことです。簡単に改善していきたいのであればサプリを摂取すると良いでしょう。サプリには利用するメリットがたくさんあるのでおすすめです。

READ MORE
<PR>
低血圧の原因を追求。
悩みを解決!快適な暮らしを送る秘訣。

5つの低血圧の種類を紹介します

遺伝や自律神経の乱れが原因の本能性低血圧

血圧が下がることによって疲れや倦怠感を感じた際は本能性低血圧になっている可能性があります。低血圧の人で約15%くらいはこの種類になっていると言われています。遺伝であれば仕方ないのですが、自律神経の乱れであれば改善して治療できます。

立ちくらみのような症状の起立性低血圧

座ったり寝転んだりしている状態から急に立ち上がってしまうと、重力の影響で血液が下半身に溜まってしまい立ちくらみを起こしてしまいます。立ちくらみであれば大丈夫なのですが、めまいを起こしてしまうと大変なので注意が必要です。

食後に症状が現れる食事性低血圧

食事を摂っている最中は胃腸の周りに血液を集中させて消化を促すのですが、病気や加齢などが原因で自律神経がうまく機能せずに、めまいなどの症状があらわれる場合があります。特に椅子などから急に立ち上げると、更に発症しやすいです。

元々の病気が原因で発症する二次性低血圧

心疾患などの病気をすでに発症している人など、病気によって引き起こされる低血圧を二次性低血圧といいます。この低血圧は病気を治療することで症状が改善していくのが特徴です。病気の他にも薬によって発症する場合もあるようです。

激しい運動をした後になりやすい運動後低血圧

スポーツなどの後に引きこされる低血圧が運動後低血圧と言われています。血中のヘモグロビンの生産量が不足していると、激しい運動後に動機や吐き気などが起こります。なるべく激しい運動を必要とするスポーツは避けて治療しましょう。

広告募集中